新潟県上越市板倉区 いたくら観光ガイド

学ぶ・見る

山寺薬師

山寺は千数百年前に紀の躬高(きのみたか)によって開かれ、山寺三千坊として広く世に知られた。
七堂伽藍(寺の建物の一そろい)が立ち並び、一大本山であったと伝えられるが、地震や相次ぐ兵乱のため壊滅した。
現存する仏像(薬師・釈迦・弥陀の3像)は、応永2年に三善氏によって寄進されたものであるということが、作者である京都六条の仏師築後法眼と共に胎内に銘記されている。
仏像は桧の寄せ木造りで、遠く京都から運ばれたという。昭和33年に県文化財の指定を受けた。
境内の長い石段や杉並木が往時のおもかげを残し、静かな雰囲気を漂わせている。
5月8日の山寺薬師の例大祭には露店が立ち、神楽や巫子のおどり、子供みこしもでて見物客には甘酒がふるまわれる。

延明清水(薬師の水)
山岳仏教の拠点である山寺薬師の脇から湧き出てきており、水の湧き出し口の上には石仏が祀られ、周辺にはいくつものほこらが並んでいます。
清水は、薬師堂の下を通ってこんこんと湧き出ていて、どんな日照りでも、どんな大雨の時でも水量は常に一定だと言われています。
この泉の水は、若がえりの水、万病にきくと言われ、難病の人々がこの泉の一滴で尊い命がすくわれたとも言われ、延命清水とよばれています。

施設概要

名称 山寺薬師
住所 〒944-0126 新潟県上越市板倉区東山寺
電話 0255-78-2141(板倉区総合事務所 産業グループ)
FAX 0255-78-3984(板倉区総合事務所 産業グループ)
定休日 無休
料金 無料
駐車場 無料 約5台
交通アクセス ■お車の場合
上信越自動車道「新井スマートIC」より40分
ホームページ  

アクセスマップ

学ぶ・見る 体験する 食べる

PAGE TOP