新潟県上越市板倉区 いたくら観光ガイド

体験する

信越トレイル

長野・新潟の県境に位置する標高1,000m前後の関田(せきだ)山脈のほぼ尾根上に延びる全長80kmにおよぶ国内でも稀なロングトレイルです。ブナ林に育まれた自然豊なこの山脈は、かつて信濃と越後を結ぶ交通の要所として16もの峠道が存在し、越後からは塩や海産物が、信濃からは内山和紙や菜種油が運ばれ、戦国時代には上杉謙信が川中島の合戦の際に何万もの兵を連れて峠越えをしたとも言われています。トレイルの整備や維持管理はNPO法人信越トレイルクラブが主体となり、周辺地域のボランティアの方々の協力によって行われています。

■関田峠
関田峠は、古来より交通の要所として多くの人・ものが行き来した記録が残る歴史ロマンあふれる場所です。
標高は約1,100m、信越トレイルを構成する峠の中でも高い場所に位置します。
 
■筒方峠
筒方峠は、信越トレイルの黒倉山から関田峠の間に位置し、光ヶ原みずばしょうの森へとつながっています。
 
■久々野峠
久々野峠は、信越トレイルの黒倉山から鍋倉山の間に位置し、柄山登山口へとつながっています。

※関田峠周辺の案内図をダウンロードできます。

信越トレイル概要

名称 信越トレイル
住所 〒943-0115
新潟 県 上越 市 板倉 区 関田 4046−2
全長 80km(斑尾山~天水山)
周辺施設 関田峠
グリーンパル光原荘、光ヶ原キャンプ場を休憩・散策の拠点としてご利用いただけます。
久々野峠
ふたつの温泉が楽しめるゑしんの里やすらぎ荘を散策拠点としてご利用ください。
ホームページ
信越トレイル ホームページ

アクセスマップ

学ぶ・見る 体験する 食べる

PAGE TOP